タイルカーペットでお部屋を楽しもう

さわり心地の良いタイルカーペットの素材とは?

さわり心地の良いタイルカーペットの素材とは? タイルカーペットはオフィスなどで使われているイメージが強いですが、ホテルのベットルームやラウンジなどゆったりと過ごす空間や、家の素足で歩く部屋でも使われてます。
素足で歩く空間で使われるタイルカーペットには、次にあげるようなふんわりとしたさわり心地のいいパイル繊維の素材が使われます。
ループパイルは、さらっとした肌触りで弾力性があって、復元性と耐久性が優れているので、オフィスの床などで使われます。カットパイルは、ソフトでやわらかい肌ざわりが特徴の素材です。
素足で歩く場所や、歩行量の少ない寝室などによく使われる素材で、家の素足で歩く部屋でもよく使われます。
一般的にオフィスで使われるループパイルに比べると弾力性や耐久性がかなり劣ります。
カット&ループパイルは、ループパイルとカットパイルが混ざり合った中間的な素材で、弾力性と耐久性と肌触りの良さなどを兼ね備えた素材で、オフィスでも素足で歩く家庭でも使えます。
家庭内で素足で歩く事を前提としたさわり心地のいいタイルカーペットには、メーカーの機能性表示の歩行マーク表示で家庭2などの表示が書かれてます。

タイルカーペットの上に寝転がってもチクチクしない?

タイルカーペットの上に寝転がってもチクチクしない? タイルカーペットは面積が広い通常のカーペットとは違って、長さが四、五十センチほどの正方形や長方形となっているのが特徴です。
なので敷きたいところに手軽に敷くことができるので、お部屋の中をおしゃれに飾ったり、歩いている時に滑るのを防いだり、足音などの騒音の下の階への影響を小さくしたりするのに便利です。
ここで気になることの一つが、タイルカーペットの上に寝転がってもチクチクしないのかという点です。
その答えとしては、素材によってチクチクするものもあればしないものもあるので、タイルカーペットの全てがこうだとは決められないと言うことになるでしょう。
一般的には、安価な商品の中にはチクチクするものがあるとか、グラスウールやロックウールなどの防音効果がある素材を使用した商品は、それらの繊維が表面に出ているとチクチクしやすいと言われているので、そういったものではない商品の中から、できれば実物を触って確かめてから選んで購入すると良いでしょう。